故郷の自閉性障害普覚

大寒大寒大寒大寒大寒大寒大寒大寒大寒大寒大寒大寒大寒.大寒の後は大雪.江南、大寒と大雪、みな曖昧な纏と、寒し、綿綿、綿綿.

この数日、雪、ほとんど休みがないという意味です.よく大雪の時、また人々が不意の夜に.朝、1ドア開けて、道理に人々はすべてひとしきりの驚きを感じません:うわっ!大きい雪よ!

に耐えられず、雪の日でも、雪の意を引きつける.私はいつもどこかへ行って、ゆらりの雪、独行、独.

私、急に自分は浮標がない船を感じて、それほど雪の意を伝ってかつて行きたいと思っていました——1つの熟知して知らない地方.よく知らない、それは昔から、知らない、知らない、これは今のことがよくわからないから.

雪の禪の教えにも少なからず歩いて、細いされ、深雪に覆われた秋浦の土手には、一歩一歩、とともに、振り返ると、たまに、深雪に殘した私の足跡に串.そこで、私は密かに考えて、あのような文字列の足跡、かどうかを白紙にちょうど譜の下の五線譜よ.もし、広々とした雪の中で、私の耳の耳元ではどうして1種の音楽の普通のメロディーが肉感的でこだまするようにしますか?

Pの雪奏曲、深くて、深くて,見なくても、どこも白、あちこちは静かだ.雪に覆われた川の堤防には、だれもいなかった.もし耳にも話題が、それはきっと于秋浦川の中流でゆっくりと下からひそかに物音がする.

私は川の一面は川、一面は野原;私は,自閉性障害、川と田野の間にある.雪の中の歩いて、すべてすべて静寂で、静寂は空に.私は心から歩いて歩きながら、静かでいい、少なくとも私には!哲人:静かに極まって、実は歌を歌っています!

ゆっくり土手の果てまで歩いて、小さな崎、もう一つそくそくの石橋を踏み、何歩、へ隠れて茂林修竹中の普覚寺 勢力剤.

普覚寺を背に向かい、靑山、緑水.

は、ここの故郷長老たちはかつてよく彼の「サザエ山、つまり古代殷家汇八景の一つのサザエ遅く渡.そこには、ある渡し場、両岸の人の流れは,頻繁に、昔はにぎやかだった.

についてにぎやかで、俗世間ににぎやかで、私は言いたくない、ましてそのにぎやかすべてすでに歴史の煙とほこり、言わなくても.

pしかし、私は覚えて、記憶に深く覚えています.そこは、小学校の時、故郷の学校でアルバイトをしていた試験山だった.その時、午前中に授業、午後は山へ行く.山を掘り、種のお茶、お茶、茶摘みを、また、木を植える、採エゾキスゲ……これは人生の成長に貴重なにぎわいとも言えるだろう.

しかし、その時、ここに今の普覚寺はない、昔からあっといういおり庵というのは昔からあったようだ.

P庵、私はそれについての経緯はありませんでした.いくつか郷には老いて、彼らも含んでいることをくわえて、うやむやにして.しかし、私は敢えて揉ん、いおりの建設、その時代、三国時としては

☟精力剤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です