水痘群が集まって徹夜し、自閉性障害ストレスは再発しやすい

病気統制計画モニタリング2014年第1四半期の26擬似水痘群れる事件のうち、24から群れが学校に、小学校が67%を占め、事件の回数は2013年同期より少ないものの、発生は学校のケースが増え、小学校の割合が27%増加.水痘元は一種の児童期の高い伝染病、じゅうに歳以下の児童に発生することが多いが、過去の例を観察し、13-18歳の患者が増加の傾向に.

時に秋冬流行水痘早春
の<病院皮膚病学者王修を表示し、水痘最高に秋冬や早春、この病気の原因を目指す水痘帯状疱疹ウイルス(帯状疱疹水痘)、通称ウイルス.水痘の潜伏期間から頭痛、低レベルの発熱、咳、のどの痛み、筋肉や関節の痛み、震えて、全身が虚弱で、食欲不振など類似風邪の特徴であり、子どもが腹痛の状況.前駆症状で後、皮膚症状が現れ始め、水痘の発疹が4つの段階に分かれ、丘疹、水疱、膿疱傷跡は、同時にが擽り感じ.もしもともと湿疹やアトピー性皮膚炎の症状病童、もっと深刻な.

普段健康子供感染水痘は,通常の治療だけで症状が免疫機能の低下、アトピー性皮膚炎、慢性喘息、長期使用ステロイド、脾臓機能不全、ネフローゼ症候群は、抗ウイルス薬の治療を使用せずに.成人あるいは免疫低下者、水痘に罹患時、抗ウイルス薬治療、水痘合併症のリスクを下げることができます.

「時が炎症を起こしやすい成人水痘し
水痘を高い伝染病、経由で皮膚接触、飛沫や水疱液分泌物の感染や粘膜、疾管署によると、水ぼうそうワクチン予防接種は水痘の最も効果的な方法は、も下げることができる子供や成人が感染症水ぼうそうがもたらした深刻な合併症を提供し、衛生単位今満じゅうにヶ月幼児は無料で接種.同時に、群の感染の学校、学校、学校、学校、授業の授業の授業を実施するには、予防には、感染症の予防に注意を払う必要があります.

によって第1四半期の資料によると、水痘の合併症で入院者は計にじゅう例として、主に25-49歳の靑壮年人(じゅうさん例では、65%)、多属の免疫の機能低下者欠陥、合併症は、肺炎が多数を占める(ななしち例が35%).王修表示をくわえて、水痘の合併症のリスクが高い群は年齢の小さいにご歳、大きい於のにじゅう歳や免疫不全者.水痘余病余病は:肺炎、脳炎,自閉性障害、二次性細菌感染、敗血症など.水痘緻死率は高く,成人への緻命原因は原発性肺炎として、子供は脳炎、敗血症で最もよくある.しかしに新生児白血病と病童、緻死率が10%までごガンダム.

Pは、水痘者、生涯免疫力を発展させることができますが、免疫機能低下の人、まだ確率が再び感染する確率があります.王修指摘徹夜>を含む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です