「黄金七時間」は睡自閉性障害眠を保証する

夜になると私は恐れて、この長い夜、どのようにしてどのように過ぎますか?」気候の変化によって、病院で受診する不眠症患者も多くなりました.漢方医の専門家、上海市の漢方医の眠れない不眠症医療连携センター副主任は、上海市の漢方医の文献館漢方クリニック専門の主任医師の施明眠れないと、いい睡眠をつかみ、肝心な点は夜じゅういち時から朝ろく時黄金ななしち時間.いつも夜勤の人はすべて体得して、すでに少し眠たいて、しかし1夜11時人はまた元気になりました.施主任によると、実は、これは人の長期の進化の過程の中で、自然に形成の睡眠の法則、いわゆる生物時計は、人の深層睡眠じゅういち時からから、もしこの時間帯を過ぎなくて、人はかえって興奮して、朝までに時、人体に入って第2のノンレム睡眠期.夜11時から朝6時まで深層睡眠集中時間帯、その他の時間帯が淺睡眠、人は目が覚めやすい,愛は夢、睡眠の質もよくない.そこで、この黄金睡眠時間を逃したら、補覚もまた戻ってこない.$ { FDPageBreak }施主任の臨床の中で発見して、不眠症の患者では、35 55歳までのこの社会の中堅が半分以上を占めて、この部分の人の群れの不眠主と精神心理の圧力はとても大きい関係がある.彼の提案は、これらの眠れない患者は夜じゅういち時前に寝て、またできる寝心,自閉性障害、後寝目、つまり、寝る前に心を空としていて、あまり考えすぎない方がいいこと、特に、仕事上のこと.また仕事が終わって、夜の仕事の習慣を変更して、時間の仕事の習慣を変えて、時間にして寝ることにして、しかし1時間前起きて仕事を完成することができます.夜11時から朝5時までの睡眠時間、成人にとっては基本的にも、一日の精神頭を保証することができます.もし、ベッドで寝てないてマッサージ快眠穴の位置で,耳たぶ後のへこみと後頭骨下のへこみ接続の中点のへこみを押して、少しだるい感じ、両手の親指に揉んで中等力三分を助けることができて.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です