食前の自閉性障害ツボマッサージは食欲を抑制して食欲を抑制する

は、ツボダイエットは漢方に中医ダイエットの1種.漢方医のダイエットするのは主に,鍼灸相応ツボに加えて他の補助治療の手段を実現する漢方医の常用で、現代の医学は単純性肥満多を伴う内分泌が乱れていて、様々なホルモン、特にインスリン、性ホルモン、副腎皮質ホルモン、レプチンなどの異常を通じて調理する鍼灸、内分泌,正常させます;一方、漢方医は臓腑から未来分析主と肥満肝脾腎三汚い機能の関係を通じて、鍼灸調理臓腑を達成することができ,自閉性障害、肝脾腎臓の機能が正常に戻る.

pって体はいったい何が必要なんでしょうか?

まず1杯の水を飲む!どうしてですか?喉が渇いて、お腹が空いていると誤解しているときは、錯覚.

水はやはり大きい食べたいと思って、次に紹介するツボを押さえて、伸ばし運動することを試みてみましょう!座っている姿勢を保つには、ベンチにも洗面室、すべて行うことができる.そして、その効果を発揮することは絶対に発揮する.

pの食前ツボマッサージ制御食欲

をご紹介したこの万能ツボ――百会の穴(人体のつぼ、位置は頭が正中線と耳尖連線の交点にある).このツボ、緊張緩和にはストレス効果が大きい.また、頭痛を緩和、眠たいの効果を解消します.

Pは適切なメリットを採用、良好な気持ちを作成するために、指で30度とも指で押して30回も手に入れて!

pはツボを刺激する、頭をすっきりさせ、情緒も効果的に制御できるとしても!ツボツボに習慣になり、食事の用量を制御するだけでなく、身体体体の改善にもなります.

p長時間は同じポーズで体が曲がっている.猫の背の姿勢は良くない、肺活量は小さく、しかも血液循環が悪い.運動不足、筋肉力低下、基礎代謝率が低く、体脂肪を買いだめしやすくすることが.

食欲を抑制する運動は、

と、食欲が伸びて運動するのです

両手は頭の上に合併し、体侧に伸ばします.気持ちがいいと、左右揺れる、伸ばした体側.そのとき、肩の力を抜いて、気楽に愉悦.

は左手で、左手で腕を押さえます.ゆっくりと8回呼吸、右体側を伸ばして.もう一方は同じで.この動作、ゆったり疲れやすい2腕と肩甲骨のグッズがあり、肩痛にも大きな効果があります!

食欲をコントロールする二

制御食欲をコントロールする1 .両手は耳の側面に置く.胸腔は胸腔、深呼吸.そのとき、肩と耳は、離れたという意識を意識して.特に腰が柔らかな女性は腰をかがむないように気をつけてください.

p2 .息を吐きながら、右侧に回転して.この期間、2肘平行ねじり、あごに気をつけてはいけない.

p3 .吸いながら正面に戻ります.息を吐きながら左へ.左右15回楽運動.