腕白なアラジン_アラジンと魔法のランプ物語

Pは大昔、裁縫を生とする技術人が、中国の都市に住む.彼の生活は辛い、貧しい人、夫婦二人は一人っ子、アラーひのという.アッラー小さい頃からいたずら、性格は風変わり、小さいいたずらっ子だ.十歳の年、アラーの父は、彼は仕立て屋、育ってから、生活には、自活の本領があります.裁縫で1家の生活はとても困難で、だからお金がない供アラジン学校に勉強して、コストもない彼にやってもらう別の商売は、たとえ他人に弟子になる、他の手芸もない彼钱养学.そのために息子さんは自分の店に滯在て、自分で技術を勉強していた.

アラジンはほかのことで、だからいつもと地域のあれらも一日中何もし子供たちと一緒に遊び浮気をする、彼は部屋にいてもできなくて、すべての機会をいつも外へ走って、ただ彼は父が出屋、例えば、躲债ためにせざるを得ない出かける時、彼はほら準機会が飛ぶように走って、一緒に育った小さなパートナーを探して、一緒に公園へ遊びに行ってゲーム.アラジンすでに身につけた遊手徒食の習慣で、どんな訓導することも糠(ぬか)に釘.私はいくらにも父には技術を勉強していないで、しかし彼はまた貧乏になって、彼はまた別の腕前ができないため、家の中の人はすべて彼の未来に心配している.仕立て屋は息子がこのようにいたずらをして、不思向上、非常に失望している.彼は続けてせっかちで、最後に重い病気にかかり、不幸に亡くなった.私は父親が病死した後、アラーは相も変わらず、父は死んだが、その悪い癖は少しも変えず、ごろつくの生活を続けている.自分の男は死んだ、息子はだらしない日々を越えて、難しく、アラジンの母は本当に仕方ない、最後まで全てが財産を店頭にしか売って、車を振って無理糊口度日紡績.そしてアラジン必ずはただの遊び好きの子供で、父親が亡くなった後、彼はただひとしきり悲しみました、それから戻ってきた.彼はもとの様子を、ひいては感じない管彼、彼が大きくて胆自在に遊んでいたので、もっと無法、一日中ない日に外で遊んでいない夜もしお腹は空腹ではないが、彼は知らない家に帰る.彼は、不幸なお母さんには、父、また、夜も昼もない苦労、生活に苦労している.知らず知らずのうちに、ひのは15歳になりました.