自閉性障害の症状の表現、詳しく区別して次の3つがあります

自閉性障害の症状の表現

自閉性障害の症状の特点には、詳しく区別して次の3つがあります。(1)社会的な交流不足、(2)社会生活を営む人間が互いに意思や感情、思考を伝達し合うことができない、(3)興味の範囲が限られ、同じ行動を繰り返す。

詳細のケースには次のような状況を現します。他人の視線を合わせない、抱かれることを苦手です、ほかの人と遊ばない、耳が聞こえないかのように振る舞う、言葉の発達が遅い、言葉を使って話しかけようとしない、聞いた言葉をそのまま繰り返す(おうむ返し)、手をひらひらさせたり体を揺らしたりする動作を繰り返す、奇妙な遊び方をする、光るものや動くものなど特定のものにこだわる、騒音を嫌がる、日常生活の決まりがあり変化を嫌がる。

自閉症の方は、話し対象の顔の表情や感情を読み取ることが苦手です。話し方の色合い・調子・音色・意味・感情などの微細な差異も伝わりません。集団で動くことは苦手でひとり遊びを好みます。学習に抵抗を示す一方、数学や音楽、芸術、記憶に非凡な才能をみせます。

自閉性障害の検査と診断
まず、言語や社会性の発達に遅れがあるかどうかを判断します。さらに、出生から現在までの医学的情報、診察所見、血液検査、頭部画像検査、心理発達検査などにより、自閉症かどうか、合併する身体の病気はないか、総合的に診断します。